ストレスで耳が聞こえにくいなら副交感神経を優位にしよう!

耳に違和感を覚えたり水が入っているように音が響くのは、耳の中の内耳に存在する耳管という器官が関わっているのをご存知でしょうか。

 

鼻と耳の穴を繋いでいるのが耳管であり、耳管で空気圧の調節をすることにより、しっかりと音が鼓膜に響くのです。

 

耳管の働きが上手くいかなくなるのは、自律神経の乱れが理由の1つに挙げられます。ストレスが溜まり過ぎてしまうと、自律神経が乱れてきてしまいます。これが自律神経失調症と呼ばれるのですが、こうなると血行不良にもなってしまう可能性があるのですね。そうしたことが影響すると、耳管がしっかりと機能しなくなります。

 

それによって、外部からの音がきちんと取り込まれなくなってしまい、耳が聞こえにくくなることや、籠っているように違和感のある聞こえ方となってしまうのです。

 

改善法とは?

ストレスによって耳が聞こえにくいなら、やはりストレスを解消するのが改善方法となります。ただストレスを溜めないようにするだけではなく、普段からストレスを溜め込みたくないものですが、簡単にはいかないですね。

 

なので、リラックスできる手段を知って実行するのがカギとなります。寝付けなかったり緊張状態にある時などは、交感神経が優位になっています。

 

この状態を副交感神経が優位の状態へと変化させるのが大事ですね。例えば、就寝前にストレッチをするとか、適度に運動をするなども一案です。

 

そして、ストレスを緩和するために、サプリメントの力を借りる手段もあります。例えば、リラックス効果が期待できるクアンソウが使われている製品もありますので選択肢となります。