耳鳴りにより睡眠障害になったなら3つの療法も選択肢

耳鳴りが原因で、睡眠障害を引き起こす場合があります。

 

睡眠障害とは、決まった時間に寝られなくなることや、日中の起きている時間に強い眠気に襲われることです。

 

睡眠障害は生活が不規則なことで心身が疲れてしまう事が、主な原因とされているのですが、耳鳴りも原因の1つとして考えられているのですね。

 

耳鳴りによって引き起こされる睡眠障害は『不眠症』であり、耳鳴りの不快な音が聞こえることにより、眠れなくなってしまう症状です。

 

不眠症になると寝不足が続き、日中でも倦怠感に悩まされてしまうこともあるでしょう。こうしてずっと寝不足が続いていくとストレスとなり、余計に耳鳴りが酷くなるケースもある点が厄介ですね。『これを飲めば治る』という治療薬もなく、市販の薬で改善が見込めるものでもありません。

 

心理療法による治療

治療方法には心理療法があります。これは、精神面に働きかけて治療をする方法であり、耳鳴りの原因となるストレスや自律神経の乱れを自身でコントロールできるように訓練をし、耳鳴りを抑制するものです。

 

もう1つの方法は薬物療法で、薬物を投与して治療をする方法であり、特に効果が期待できます。とは言え、副作用の心配がある点は注意が必要です。

 

音楽療法は音楽の音で耳鳴りを抑えます。もし病院でも効果が出ないなら、自身で治すことを試す手段もあります。その際には、サプリメントを活用してはいかがでしょうか。穏やかさを取り戻して自律神経を整えてくれる、クアンソウが使われているものが適していますね。

 

私が試したサプリメントは、昔から耳鳴りに良いとされている蜂の子のサプリです。私の知る限りでは蜂の子の含有量がどこのサプリよりも多いですし、リラックス効果のクワンソウも含まれているんです。民間療法的だと侮っていたら、実際に飲んでみて凄く驚きました。

 

詳しい感想は、こちらのページに書いているので宜しければ見て下さいね。

 

>>花菜の蜂の子サプリを飲んだ感想

 

夜、ぐっすり眠れないのは本当に辛いですよね。翌日にも確実に響きますし、気持ちも暗くなります。睡眠障害は1日でも早く解消したい悩みだと思います。